永遠にある『時間』という錯覚。

『時間』という枠からはみ出そうとするが、その存在は怒濤のように、否応なく向かってくる。

そんなモヤモヤを表現した置き時計。

※こちらはファンタジスタ歌麿呂さんとコラボレーション作品です。

 

 

 

We feel as if ‘time’ always exists. Even if you try to escape from the framework of ‘time’,

it comes out in front of you all the time. The design of this stand clock expresses the peculiar feeling.

*A collaboration work with Fantasista Utamaro

 

“mangacamo” by fantasista utamaro

 

“mangacamo” by fantasista utamaro

 

CLIENT:QUOTATION

COLLABORATION:ファンタジスタ歌麿呂

CLIENT:QUOTATION

COLLABORATION:ファンタジスタ歌麿呂

CREATION FLOW

WORKS ON SAME CATEGORY